仕事、ビジネス、転職

【観察分析判断】全ての業種に通じる仕事術・・・仕事ができる人になるためのノウハウ(1)

  1. HOME >
  2. 仕事、ビジネス、転職 >

【観察分析判断】全ての業種に通じる仕事術・・・仕事ができる人になるためのノウハウ(1)

りほぎょ
こんにちは。りほぎょです。

今回は、「全ての業種に通じる仕事術・・・仕事ができる人になるためのノウハウ(1)」というテーマで記事を書きました。

 




仕事ができる人間とは

どの業種であれ、仕事のできる人は、以下の2点、

①問題解決能力

②創造力

に優れる人であると考えます。

結論をいえば、

この2点の能力、特に①の能力を鍛えれば、

どの業種に入っても仕事ができる人になれます。

例えば、営業職の人であれば、

なぜ、商品が売れず、営業成績が悪いのかを分析し、改善策を短期間で見出せる問題解決能力の高い人は、飛躍的に営業成績を伸ばすことができます。

例えば、薬の合成を仕事とする研究者であれば、まず、目的とする薬を合成するためにどのようなステップで、合成可能であるかを決定します。

そして、そのステップに従って、実際に合成をするのですが・・・、目的とする物質が合成できない場合があります。

その場合に、合成できない理由を短期間で見出し、合成方法を修正できる問題解決能力の高い人は、目的とする物質の合成に早くたどり着くことができます。

もちろん、専門職であれば、バックグラウンドは必要ですが、

①の能力に優れる人間は、どの業種であれ、仕事ができる人になれると思います。

それでは、どのようにして、①問題解決能力に優れる人間になれるのでしょうか。

育った環境じゃないの??

とか思ってしまいがちですが、

ちょっとしたことを意識するだけで、その能力は飛躍的に向上できると僕は考えています。

実際に僕がそうだったからです。


【観察分析判断】問題解決する際の思考回路

問題解決するための手順を考えてみましょう。

1.まず、うまくいかない時にその問題点は何なのかを考えますよね。

すなわち、問題点が何かを観察しているんです。

2.次に、観察して見出した問題点は、なぜ生じているのかを分析しますよね。

3.最後に、その分析結果を基に、改善案を考えます。

普段、意識していない人が多いと思いますが、

問題を解決する時には、

観察→分析→判断(改善案)の順に自然と考えているのです。

なぜ、仕事ができない人と、仕事ができる人で差が出るのか??

それは、仕事ができない人は、

観察、分析、判断のどれかを間違えて認識してしまってる人だと思います。

一つでも、間違えてしまうと、適切な改善案を導き出すことができませんよね。

例えば、観察は端的にいうと、問題点を発見することですが、

意外に問題点を間違えて認識してしまい、

特に仕事のできない人、すなわち、問題解決能力の低い人は、観察を間違えている人が意外に多いんです!!

詳細は、続編で解説しますが、

問題解決能力と創造力を向上させれば、仕事ができる人になれると僕は確信しています。

-仕事、ビジネス、転職

Copyright© 雑記ブログ|りほぎょのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.